2017年3月18日土曜日

俳句の会と白木蓮の思い出

母校同窓会の「紫友さろん」部会では三ヶ月に一回定例の会を開きます。
定例会の中には俳句の会があり、春夏秋冬四季の俳句を三句ずつ持ち寄り選句します。今日は春の句を作って集まりました。

私の句は左の三句。
白木蓮の句は当初「白木蓮 花落つる音の 響きおり」でしたが、「白木蓮とくれば『花』が連想され花はいらないのでは」とのアドバイスがあり、作り直しました。
数日前、ウォーキング途中に満開の白木蓮があり、以前住んだ家の庭を思い出しました。この時期に満開となり、ある日一斉に花が落ち、結構大きな音がしました。
ネットで調べると「白木蓮は古い花木で恐竜も食べていた」とか「白木蓮は木蓮より樹高が高く木蓮よりも開花時期は早く原産国の中国では『望春花』の別名がある」とか「こぶしや木蓮(マグノリア)と似ているが花や開花時期が少し違う」等がわかりました。
「花が一斉に落ちる音に驚く人がいる」との記述もありました。

帰り際に見かけた垂れ幕。
在校生は各方面で活躍をしている様です。

2017年3月17日金曜日

大きな切り株

今日は彼岸の入り、墓参りに行きました。
すると、周囲の状況が激変していました。

左画像、切り株の左側が我が家のお墓、右手前には巨木がありました。
保護樹林(荒川区)との表示があるブナでした。
大きな木なので日陰になっていたのですが、切り倒されて日当たりは良くなりました。
以前「保護樹林だが近隣から落葉のクレームがあるのでその内には切らなければならないだろう」との話を聞きました。再度のクレームがあり、切ったそうです。

上の方から少しずつ切って行かないと近くには本堂があり隣家があります。
数日にわたる大仕事だったそうです。

切り株にさわると、まだ完全には乾燥していませんでした。

こうして東京から緑が失われて行くんだなあと思いました。
樹齢何年?大きな切り株です。木を切った方はお寺の世話人なので、その内、樹齢と苦労談をうかがうつもりです。

2017年3月7日火曜日

ヴァイオリン(ピアノ伴奏)譜などをリリース!

3月3日にリリースしたインターネットからのダウンロード楽譜&音は「花嫁(はしだのりひことクライマックス)」と「いとしのエリー(サザンオールスターズ)」と「明日(平原綾香)」、それぞれピアノ弾き歌い(伴奏)譜とヴァイオリン(ピアノ伴奏)譜とメロディ譜です。

現時点での新作紹介ページは ココ にあります。


ヴァイオリン譜は、木村麗(きむらうらら)先生のアドバイスを受けています。彼女は私がヤマハミュージックセンター池袋で教えていた頃の同僚、彼女の生徒さん用にヴァイオリン譜を作ったのがきっかけで彼女の教室の生徒さんのリクエスト等に応じて制作しています。

現在、次の楽譜が出版されています。

I Just Called to Say I Love You/Stevie Wonder)

Saving All My Love for You(すべてをあなたに)/WHITNEY HOUSTON

Take It Easy(テイク・イット・イージー)/Eagles(イーグルス)

波(Wave)/アントニオ・カルロス・ジョビン

Hard to Say I’m Sorry(素直になれなくて)/シカゴ

明日/平原 綾香

糸/中島 みゆき

いとしのエリー/サザンオールスターズ

花嫁/はしだ のりひことクライマックス

道標/福山 雅治

ヴァイオリン協奏曲第4番第2楽章アダージォ(映画「パガニーニ~愛と狂気のヴァイオリニスト~」より)

2017年2月26日日曜日

Winter Live 2017 無事に終了

先週の日曜日、19日でした。

本日から参加者に記録CDを渡し始めました。

2017年2月14日火曜日

新しいコンテンツ(楽譜と音)がリリースされました

最新の特集ページは ココ にあります。

その内容は下記のとおりです。

<最新情報>(2017年2月10日リリース):
ジョン・シュミット(ピアノ・ガイズ)の壮快なロック・ピアノを楽しもう!
・好きにならずにいられない(原題:Can't Help Falling in Love):ピアノソロ譜/中級
ビル・エヴァンスとトミー・ベネットの共演を楽譜化!
・ワルツ・フォー・デビイ(原題:Waltz for Debby):歌(ピアノ伴奏)譜/上級、メロディ譜
キャロル・キングの名盤「タペストリー(Tapestry)」よりピアノ弾き歌い(伴奏)譜の名曲を2曲!
・アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(空が落ちてくる)(原題:I Feel the Earth Move):ピアノ弾き歌い(伴奏)譜/中級、ピアノソロ譜/中級、メロディ譜
・ソー・ファー・アウェイ(去り行く恋人)(原題:So Far Away):ピアノ弾き歌い(伴奏)譜/初中級、ピアノソロ譜/初中級、メロディ譜

上の画像は石神井川の河津桜(撮影2月8日)。

昨年の記事は ココ にあります。

2017年1月18日水曜日

耕洋丸乗船記

越境入学した広島市立千田小学校を卒業、広島大学付属中学の入試を受けて合否発表待ちの時期でした。
1965年3月6日の様です。
掲題の船が港に入ったというので、父の計らいで乗船しました。

父は水産庁の研究技官、内海区水産研究所資源部に勤めていました。
現在の耕洋丸は ココ にあります。
私が乗せて貰った耕洋丸は恐らく二代目 ココ にあります。
水産研究所の近くに住んでいました。

水産の研究者ばかりの社会で生まれ育ったこともあり、漠然と海に関する科学者になりたいなと思っていました。
付属中学入試には合格したのですが、合格者数は定員の倍、受験番号の関係で半分が不合格になる、そんな抽選で、不合格の番号範囲でした。
地元の宇品中学へ通う事にしましたが、とても大きな宇品の町の西端から左端、歩いて遠くへ行く通学は小学校以上に大変なことでした。
その投稿は ココ にあります。

2017年1月13日金曜日

コン・ティキ

小学生の頃に読んだノン・フィクションが映画になっていて、今夜、観ました。本を読んで想像した世界が映画化されるのも良いなと思いました。
人名のヘイエルダールもコンチキ(コンティキ)も記憶に鮮明ということは印象的だったのでしょうし、幼い頃の記憶の方が最近の一時記憶や作業記憶より強いということなんでしょね。