2017年12月11日月曜日

ドロップ2(補足説明)

先の この投稿 の補足説明をします。

・和音と和声

まず最初に予備知識として、自著「標準ポピュラー・コード理論(改訂新版)」より引用して説明します。

コード(chord)は「和音」、ハーモニー(harmony)は「和声」と訳され、これらは双方の概念を見事に表現しています。協和する「音」と「声」の違い。
ある時点で響いている音の調和が「和音」、同時進行する「声(正確には声部)」が織り成す調和が「和声」です。

・ベース音とコード表記

低音域にあるコードの最低音をベース音、ベース・ノート(bass note)と言います。
ベース音はコードの響きをほぼ決定する音、コードの基本形(根音がベース音)ではベース音の音名を使ってコードを表記します。C音がベース音の長三和音(C音とE音とG音)はCと表記します。

・音域について

下の譜例を見てください。高音部記号(譜表)、中音部記号(譜表)、低音部記号(譜表)はそれぞれの音域、つまり、高音域、中音域、低音域について五線を有効に使える様に五線の高さを定義する記号ということがわかります。


高音域はこれよりもっと高い方に広がっていますので、五線の範囲を超えたら加線、あるいは1オクターブ上(8va---)とか2オクターブ上(15ma---)の様な記号を使って示します。
低音域もこれよりもっと低い方に広がっていますので、五線の範囲を超えたら加線、あるいは1オクターブ下(8vb---)(なお1オクターブ下を8va---とは書きません)の様な記号を使って示します。ギターやベースは楽譜に書かれた高さ(記譜)より実際の高さ(実音)は1オクターブ低いため、高音部記号や低音部記号より1オクターブ低い音を楽譜の上では1オクターブ上に書くことになっています。

・ベース音とコード

コードが中音域や高音域で配置を変えた場合(配置の変更を転回と言います)、響きの違いをベース音の関係する響きほどには違いを実感しません。せいぜい下の譜例で★の配置の最低音が低音域に近いので、このG音をベース音と感じる人も居るでしょう。


下の譜例の左側は、同じベース音に対して中音域で配置を転回した例。それぞれの響きの違いはあまり大きく感じません。
一方、右側は、ベース音を変えた例。それぞれの響きの違いははっきりしています。この様に、低音域で実際に配置される音をコードに表記することが大切です。



・独立声部と従属声部

和声学では、独立した四声部のハーモニー(和声)を学びます。独立しているということは、他の声部と一時的に同じ方向に動いたとしても、ずっと同じ方向への動き、特に5度や8度で動く場合を平行と言い、これを禁則としています。5度や8度の様に響き合う音程で一緒に動くということは、それぞれの声部の独立性が失われ、一時的に声部数が減少したと考えるからです。
和声学の真髄を簡単に短く解説するのは難しいのですが、独立した四声の動きという例を見てください。


ポピュラー音楽が独立四声部で書かれることはあまりありません。二声部(メロディ・ラインとベース・ライン)のことが多く、三声部の場合はカウンター・ラインが加わります。
カウンター・ラインが二声あり全体として四声になっている場合があります。
「Waltz for Debby」の場合、内声に二声のカウンター・ラインがあり四声で構成されています。

独立した三声部の例(「オーラ・リー」)。一番上がメロディ・ライン、一番下がベース・らライン、その間の内声部にカウンター・ラインがあります。


下の譜例は「Waltz for Debby」のスケール的なライン(主旋律ではなく主旋律の合間にあるつなぎのスケール)についてです。

(1)実際のコード進行はベースが演奏しているD音→G音→C音、これが全体の響きを決定、Dm7(9)→Gm7(9)→C7(9)となります。

(2)(1)の右手のスケールに対して密集位置でボイシングします。それぞれ四声の最初の配置には9thを加えて響きの変化をつけ、この配置を機械的かつスケール的に順次隣の音へ上げてゆきます。

(3)(2)の密集位置二番目の音を1オクターブ下げ「ドロップ2」を作ります。一つ一つは確かに和音ですが、全体の響きはベース音が決定、全体としての響きはあきまでもDm7(9)→Gm7(9)→C7(9)、このコード進行に細かい和音を乗せて順次演奏します。このテンポでは直ぐ次の和音、一つ一つの和音をじっくり聴いている時間はありません。それより全体の流れ、それぞれの声部をスケール的に動かすことが大切です。


この様なスケール的な「ドロップ2」、いろいろなキーに応じて即興的ヘッド・アレンジで演奏できる様に練習しておきましょう。

2017年12月10日日曜日

お別れ

長年仕事で使ったパソコンを廃棄することにしました。
都市鉱山として有効活用されるはずです。
何か友と別れる様な気分です。

この記事 にあるパソコンです。

マックで仕事を続けていましたが、マックも古くなり、アプリとしては Windows 版も発売されたので、制作環境をマックから Windows へ変えてゆきます。当時は この記事 にある二台が稼動していました。

ある日、少し新しい上位モデル(CPUも速い)が突然壊れました。仕方なくそのハードディスクを古い方(本日廃棄したシンガポール製の)マシンにマウント、使い続けました。
その修理は この記事 にあります。

壊れた訳ではありませんが、いよいよ使う場面もなくなり、関連のデータも Windows 版にコンバートしましたので、お別れすることにしたのです。

自分ではずせるのでハードディスクだけはずしました。

関連するアプリも含め、これからさてどうしたものか。
時計として使われたリチウム電池です。

左の画像は大きいですが、小さなものです。測ったら25mmでした。

電池工業会のページで廃棄方法を調べます。

恐らくボタン電池同様に指定の販売店経由だと思います。

2017年12月8日金曜日

今後のリリース予定

年内間に合えば最後のリリースになるはずのコンテンツを送稿しました。

・「ウルトラマンの歌(歌:みすず児童合唱団とコーロ・ステルラ)」:ピアノ連弾譜、ピアノ弾き歌い(伴奏)譜、ピアノソロ譜、メロディ譜
・「ウルトラQ主題曲」:ピアノ連弾譜、ピアノソロ譜
・「明日は咲こう花咲こう(歌:吉永小百合・三田明)」:ピアノ弾き歌い(伴奏)譜、メロディ譜
・「若い東京の屋根の下(歌:吉永小百合・橋幸夫)」:ピアノ弾き歌い(伴奏)譜、メロディ譜
・「好きよキャプテン(歌:ザ・リリーズ)原調」:ピアノ弾き歌い(伴奏)譜、メロディ譜
・「好きよキャプテン(歌:ザ・リリーズ)イ短調転調なし」:ピアノ弾き歌い(伴奏)譜、メロディ譜
・「Saga(演奏:和泉宏隆)」:ピアノソロ譜
・「夜間飛行(歌:八神純子)」:メロディ譜

一部、Winter Live 2018 参加曲の楽譜が含まれます。

このリリースに関連して、先行して楽曲解説記事をアップ済み(一部動画も新たに利用)ですが、早速コメントを頂戴しました。私のブログを熱心にフォローしてくださる方を感じます。

私のレクチャー(画像や動画)をもっと進めて欲しいと、別の生徒さんからの要望もあり、検討中です。

私のノウハウが色々な方に役立てば、それはうれしいことで、検討を開始しました。

2017年12月7日木曜日

鍵盤上の指替え

<楽譜&音のダウンロード配信サイト アットエリーゼから発売中コンテンツの解説>
サイト内の特集ページは ココ

左手のアルペジオ、広い音域の場合に指が足りなくなることがあります。もっと上の音も弾かなければならないのに1指になってしまった状態です。

1指の上を他の指がまたぎこす(交差する)方法もありますが、テンポが遅い場合にはその1指で弾いた鍵盤上で(その音を弾きつづける間に)すばやく指替えをする方法があります。

ここでは下の譜例のアルペジオで説明します。


G音→E♭音は5指→2指となります。
E♭音→A音は2指→1指。この1指で「指が足りなく」なりますが、
A音を弾いている間に鍵盤上で1指から2指へ指替えをします。
この指替えで上のC音を1指で弾くことができます。

ドロップ2

<楽譜&音のダウンロード配信サイト アットエリーゼから発売中コンテンツの解説>
サイト内の特集ページは ココ

密集位置の和音、二番目の音(一番上から数えて一つ下)を1オクターブ下げてできる開離位置のの和音です。二番目の音ですから、ドロップ・セカンド(2nd)と呼ぶのが正しいでしょう。

密集位置とは、1オクターブの範囲内、和音の構成音を省略することなく「たがいにくっついた状態」に配置した和音、close position と言い、この状態による和声を close harmony と言います。
開離位置とは、和音の構成音を1オクターブ以上の広い範囲に「離し散開させた状態」に配置した和音、open position と言い、この状態による和声を open harmony と言います。

下の譜例ではE音を一番上(Top note)とするC6の密集位置二番目の音を1オクターブ下げています。

一番上と二番目が3度の場合には10度に広がり、とても広がりのある響きとなります。

ビル・エヴァンスの名曲「Waltz for Debby」の中に美しいドロップ2の実例があります。

この楽譜 の 試聴用動画、17~21秒のところです。

一番上と二番目が長2度の場合、長9度になりますが、ドミナント・セブンス・コードでトップが根音(ルート・root)の場合のドロップ2も効果的です。出来上がったドロップ2の二番目の音(当初密集位置では三番目の音)を13thとか♭13thにする配置も良く使われます(例えばミュージカル・ナンバーのクライマックスなどで良く耳にする配置)。


他にはマイナー・シックスとかマイナー・セブン(♭5)でも下の様なドロップ2を良く利用します。


この投稿について、さらに ココ に補足説明があります。

2017年12月3日日曜日

歩数記録と健康診断結果

左は先月までの歩数記録。

板橋区の健康診断結果、以前高かった中性脂肪は下がりました(145mg/dl)がまだγGTPが高い(107U/l)のですが改善傾向にありもう一息。100より下、以前の様に50以下を目標に飲酒量の管理を続けます。

ウォーキングだけでは不足と思い、筋力トレーニング「鬼石モデル」を始めています。
一日おき、昨日が中級10回目。各運動の回数とペースを確認する音をつくり、これに合わせて運動しています。

2017年12月1日金曜日

Winter Live 2018

来年の2月25日(日)です。

ココ の ページの下の方にあります。

今回から会場が変わりましたので、ピアノが主体ですが、歌(マイク可です)、音量の大きい楽器も可能です。

早速、みなさん色々構想を練っている様です。

想定プログラムを ココ に上げました(当日まで随時更新を続けます)。

みなさんもこの素晴らしいピアノを利用したセッション、ぜひ音楽を楽しみましょう!

連絡を待っています。